ねずみ駆除の基礎知識~燻煙材を使う前に~

ねずみは追い出した方が後始末せずに済みます ねずみは追い出した方が後始末せずに済みます

家からねずみを追い出したい方必見情報

家にねずみが住み着いた場合、早めに対策を練ってねずみ駆除を行なわなければ家の被害は増えていく一方になります。ここでは、なぜねずみが住み着くのか、どうやって駆除すればいいのか、またねずみ駆除時に使用するアイテムといった基礎知識について紹介していきます。

ねずみが住み着く理由って何

ねずみがエサを取りやすい
ねずみが住みつく理由で大きなものに、餌が取りやすい環境であるということが挙げられます。ねずみはエネルギー消費が激しく、1~2日間食事を摂らないだけで餓死してしまいます。そのため、生ゴミや食べ残しなど沢山食べ物がある人の家というのは、ねずみにとって絶好の餌場になります。よって、安心して生きるために住み着くことが多いのです。
巣が作りやすい
ねずみの巣は、主に人のゴミを利用して作られることが多いです。紙くずやティッシュの空き箱などが豊富にある散らかった家は、心地よい住処を作りやすいのでねずみが好んで住み着くことが多いです。また、使っていない押し入れがあった場合、人があまり入ってこないことを知っているのでそこに巣を作ることが多いです。
侵入しやすい
人の家は、天敵から身を隠すのに最適であり、雨風もしのげる理想的な住まいです。そのため、侵入できる場所を見つけると、ねずみは積極的に家の中に忍び込もうとします。ねずみは体が小さいのでどんな小さな隙間からでも侵入してきます。具体的な場所としてエアコンやガス管の導入部の隙間、換気扇の隙間、窓などが挙げられます。

家から追い出すには・・・

女性

ねずみが住み着くことで家の壁や柱が齧られたり、食べ物を食い荒らされたりといった被害が発生します。中でも特に厄介なのは糞尿による悪臭や細菌の発生であり、病気やアレルギーなど様々な症状が発症します。そのため、早めにねずみ駆除を行ない、被害を食い止めなければなりません。

ねずみ駆除を行なうなら燻煙剤

ねずみ駆除をして家から追い出したいです。粘着シートのような後で始末しないといけないものではなく、自分たちから出ていく方法はありますか?
あります。ねずみが住み着いている理由はそこがネズミにとって住み心地の良い環境だからです。逆にいえば住み着きにくい環境にすれば自ずとねずみは出ていくことになります。例えば、忌避剤や燻煙材といったねずみの嫌がる臭いや煙を立てることで、ねずみは居心地が悪くなって出ていくことがあります。他にも超音波発生装置で超音波を流すことで嫌がることもありますが、この方法は上手く使わないとねずみが慣れてしまい、効果がなくなります。

燻煙剤の特徴

燻煙材は、ねずみの嫌がる成分を炊いてねずみを追い出すという、いわゆる忌避剤の一種です。煙が出るといっても火を使わず、水を使って成分を拡散させるので火事になる心配もありませんし、焦げ臭くなることもありません。また、臭いは使用する燻煙材によって異なる場合もありますが、主にハーブ系の爽やかな臭いであることが多いです。

自分で始末せずに追い出せるねずみ駆除

ねずみ駆除は、殺処分した場合死体を処理しなければなりません。しかし、追い出しを行なうことで死骸を見たり触ったりする必要もなくなります。

TOPボタン